メールは顔文字やアスキーアートでOK!

メールは顔文字やアスキーアートでOK!

ヤレルアプリでは、長々とまだるっこしい文章は嫌われます。長いだけで意味が通じなかったり、まとまってなかったりすると逆効果で、女性に途中で読むのをやめられてしまう恐れもあります。

出会い系のメールは、要は意味と思いが通じて、楽しければいいのです。

そこで、書く文章に困ったりした時には、AA(アスキーアート、文字絵)や顔文字を使ってみるといいでしょう。

AAは、2ちゃんねるなどでよく使われていますが、ネットで検索してみれば、無料でコピーできるものや携帯用のものも、たくさん探せます。そういったものを普段からコピーして集めておけば、メールを書く時に役立ちます。

送る時にはそういったAAや顔文字にメッセージを添えれば、女性たちには喜ばれるでしょう。

例えば、これは顔文字の定番ですね。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

こちらはAA.です。お祝い用です。

      / パンッ!
  ∧_∧  /。:* ゚。*
 (*^д^) / *;゚.*°
 O  づ ̄ ゚̄”~~~
  しーJ

ただし、検索してみるとわかりますが、女性が使うAAはかなり複雑化していますし、キャラクターなどは一見して意味のわかりにくいものが結構あります。
使用する際には意味と使い時をよく考えて注意する必要があります。

コピーする際にも意味別に分類しておかないと、後で見てわからなくなってしまうかもしれませんね。間違った使い方をして、相手に勘違いされてしまうと後で面倒なので、使用の際には、意味と使い時が文脈と合っているかどうか考えた方がいいでしょう。

きちんと文脈を踏まえて使用すれば、予想以上に相手に喜ばれるかと思いますが、文脈をわきまえなかった場合は、変な誤解を受けて後で大きな痛手をこうむることになりますので、相手に送信する前に一度読み直してみた方がいいでしょう。

また、あまり複雑すぎるAAや顔文字は、相手に伝わらない恐れがありますので、相手がどの程度AAや顔文字を知っているかを事前に確かめるか、またはメッセージを添える際に、それとなく意味を付け加えておくなどした方がよいでしょう。

サクラの功罪について

サクラの功罪について

 ヤレルアプリにおいて、まるで絶対的な悪のように取り扱われているサクラの存在についてですが、実際にそんなに忌み嫌う必要があるのでしょうか。回答から簡潔に述べると、サクラの存在は最悪だと言って問題ありません。何しろ相手は女性会員だと信じてポイントを買ってメールを送っていたのに、相手は女性会員どころか、もしかしたら男性かもしれないのです。サクラ相手に使用した何万円分のポイントを騙されたと怒っている人が存在したてももっともだと思います。つまりサクラの最悪な手口に騙された結果なのです。

そんな最悪な存在が、なぜヤレルアプリから立ち去らないのか。「それは当然、ヤレルアプリに女性会員が沢山いると男性会員に思わせる為なのです」と回答する人が大半だと思います。その回答は正解で、間違いでも中傷でもないのです。

だけど、ここでもう一度検討してみて下さい。ヤレルアプリを活用する男性会員は何を求めているのかというと、サイトにどんな女性会員が存在するかという点だと言えます。攻略できるかも重要ですが、その前に女性会員の有無が問われます。ヤレルアプリにおいてはその点は意識せざるを得ないと言えるのです。

登録時に多くの女性会員と思われる人が存在すると知れば、男性は喜んで登録し沢山の女性会員の中から好みの相手を選びます。そして、好みのタイプがいたらメールでアプローチを開始します。当然、この行動はポイント制の有料サイトの場合ポイントの消費が伴います。通常ポイントは1ポイント1円から10円くらいで購入できるので、つまり現金を支払っているのと同じことなのです。

お金を支払ってまでメールをしたい相手が存在するのですから、男性会員はテンションが上がって攻略の為に次々とメールを送信します。

そうはいっても、相手はサクラです。だけどサクラだとしても女性会員が全然存在しないサイトに来た人が、サイトで相手を見つけられると思うかと言えば、ある意味全部逆だと言えます。サクラはサービス業と言ってもいいでしょう。ただ そんなことがいえるのはサクラ被害に遭遇した経験がない人だけだと言えるのかもしれませんね。